ガッシュ!! バリーがかっこいい!!心打たれて考えさせられる話(※ネタバレ感想含む)

広告
広告

【※この記事はネタバレと感想を含みます】バリーがかっこよすぎて・・・

金色のガッシュ!! 完全版

著者名:雷句誠
漫画のタイトル:金色のガッシュ!! 完全版 
出版社:クラーケンコミックス(コミック(紙))
発売日:5巻(2019/9/21)、12巻(2019/12/20)、16巻(2020/2/21)
参考にした巻:5巻、12巻、16巻

ガッシュは本当にすばらしい漫画で、子供のころも大切なことを教えてもらったり感動したりして泣いていましたが、大人になってからは登場人物の背景がより想像できて深く考えさせられるものがある老若男女におすすめの漫画です!

この記事では終盤に出てくるキャラクターバリーとグスタフ」について書いていますが、ネタバレを含みますのでまだ原作を読んでいない方はこの記事は読まないでくださいね!
また、感想・考察は独自の解釈なので、もし認識が違っていたら「そういう感想なのね」と思ってください!

バリーは何話に出てくる?

バリーが出てくる主な回(漫画:金色のガッシュ!!完全版)

LEVEL89前に向かって~LEVEL.92困難な道

LEVEL.237仲間という光~LEVEL.241 何をやってんだ!?

LEVEL.318 さらなる仲間

LEVEL.323 最終話 ガッシュからの手紙

漫画『金色のガッシュ!!完全版』に出てくる主な回です。
電子コミックサービスによっては、「〇〇話」という数字がガッシュの「LEVEL〇〇」と対応していない場合があるので、「LEVEL〇〇」の該当ページを見るようにしたほうがいいかもしれません!

バリーとグスタフ

「バリーを高みへ導くグスタフ」という、師弟関係のような関係性を感じます。
しかし上下関係があるのではなく、お互いを認め、グスタフがさりげなく導いているようにも思えます。

程よい距離感をもち、各々が男同士、信頼をおいているように感じます。
バリーだけでなく、グスタフが積極的に勝負を捉えているのがかっこいいですよね!!

大きくなったバリーがかっこいい。大人にも生き方を考えさせてくれる。

本当の強さとは

ここでいう「弱さ」というのは「信念や覚悟、志がない状態での心の弱さ」ということでしょう。

私がこの話を読んですごく考えさせられたところです。
今、わたしには熱い目標というものがありません。
以前志をもってしていた仕事や私の信念に基づいた行動をしていたときは、誰に何を言われようが、どんな冷たい対応を受けようが自分への誇りは失わず、自分が強くなったような感覚を得ていました。
(傷ついて泣いたり、ストレスで体調が悪くなったりしていましたが・・・)

逆に志や信念がふわふわしている状態では、人の態度や冷たさなどの表面的なことが気になりすぎてしまって、きっと昔のバリーのように心のなかでは勝ち負けでいっぱいになっています。

自分の信念がしっかりしていて、自分の目標が見据えられていれば「誰に何と言われようが、構わない。言わせておけばいい」という気持ちになるでしょう。
わたしも信念がほしいと思いました。

バリーの最後に心打たれる

大きくなったからこそ見えた小さなこと

最後の場面でバリーは小さいことと言っていましたが、きっとバリーが高みを目指して大きな考えにたどり着いて見える世界が変わったからこそ気づけた、「大きなこと」なのです。

最後のシーンでのバリーの行動を見て、グスタフは驚いていました。
今までバリーを導いてきたグスタフでしたが、ついにバリーはグスタフさえも超えて新しい境地にたどり着いたのだと思います。
すばらしいシーンですね・・・。
大きな目標の前に、自分の身をていして人を助けることがどんなに難しいか・・・心に力を持つことができたバリーだからこそできたことだと思います。 

グスタフが最後にバリーに伝えた言葉

投げかけた言葉を見て、「王をも超えてるものじゃないか!」と思いました。
バリーの成長を間近で見て導いてきたグスタフからの、バリーの努力、向き合ってきた心、すべてに対してバリーへの賞賛と愛情、優しさ、同志として最大限の相手を認める気持ち・・・全部含まれたバリーへの愛溢れる言葉だと思いませんか!

王とも同じ境地に立ったということは、高みを目指してきたバリーに対する、王になること以上に最高の言葉だと思います!

本当に泣きそうになってしまいました。

自分にとっての高みとは何だろうか・・・。

この記事を書く前、ダニーとゴルドーについて記事を書いたのですが(ガッシュ!! ダニーとゴルドーの絆 信念、自信とは(※ネタバレ感想含む) – NEKOKINI)自分が誇りをもって取りくんでいくものは、初めのきっかけは何でもいいのだと思います。

自分が真剣に向き合ってきた時間が、誇りを持つことや高みを目指すことに繋がるのでしょう。

何かについて一から高みを目指すのはなかなか躊躇してしまいますが、興味のあることや思いがあることを始めていけば、それが信念や志に繋がっていくのかもしれません。

AlexaによるPixabayからの画像
広告