心配しないで!わけもなく新人に冷たい職場での対処法と考え方3つ

広告
広告

わけもなく新人に冷たい職場・・・

「仕事もがんばっているし、職場に慣れようとしているのに職場の人たちはなんだか冷たい・・・」
「元からいる人たちは仲がいいけど、なんで自分にはあまり話しかけてくれないんだろう」

職場に入ったばかりで緊張や努力で疲れているのに、こんなふうに思って悩んでしまうのはつらいですよね。

わたしも昔、新人に対して距離のある関わりかたをしてくる職場で悲しい思いをしていました
しかし最終的に普通に関わってくるようになったので、同じようにつらい思いをしている人向けにこの経験をまとめてみました。

悩んでいる方は「心配いらなかったんだ!」と思えるかもしれません。

新人に冷たい職場の特徴

まずは新人に冷たい職場の特徴をみていきましょう。
あなたの職場でもあてはまる部分があるかもしれません。

人手不足

職場が人手不足の場合「なんとかして人を入れようと努力するわりに、入ってからのサポートが薄い」ということがあります。
忙しそうにしているのでなかなか質問ができなかったり、業務量が多そうでばたばたしていたりといった職場では、あまり新人に気をつかってくれないところもあります。

とにかく労働力として自分たちを早く助けてほしいという思いがあるのかもしれません。

余裕がない

1人に対する業務量が多くて、時間がなく精神的にも追いつめられている職場では、新人に優しくする余裕がない人もいるでしょう。
業務が過酷すぎるものだと、働いている人の心もすさんでいってしまいます。
もしかしたらあなたの職場もそういう状態で、人に優しくできないのかもしれません。

仲間意識・村意識が強くて排他的

職場の人数が少なく、すでにその人たちで危機を乗りこえていたり共通の背景があったりする場合には、仲間意識が強く排他的な雰囲気をだされることがあります。

わたしが日本語学校で働いていたとき、職場の人数は片手でおさまる程度、みんな同じ系列の海外校で働いた経験がある人たちでした。
わたしの前に入っていた人は、わたしと同じように同系列の海外校で働いたことがない人で頻繁に主任とぶつかっていたようでした。

なので職場の人にとってみたら、新しく入ってくる人は「自分たち仲間と比べてよそ者」という感覚があったのかもしれません。

すいか
すいか

わたしは非常勤で働いたあと頼まれて常勤に登用されたのですが、冷たいよそもの雰囲気を味わわされて「どういうこと?」って感じでした💧

監視しがちな職場

もともと新人をよそ者扱いしたり、「常勤/非常勤」というように立場が明確に分かれる職場の場合、非常勤などの会社に完全に属していない人や、まだ仕事ができるか分からない新人は監視される場合があります・・・。

会社からしたら責任を持ちたいのかもしれませんが、監視されるという時点でこちらにとっても職場にとっても壁があるように感じますよね。

すいか
すいか

用がなさそうなのにさりげなく自分の授業の教室の横を何度も通る常勤講師・・・
授業終わりに教室の前の廊下まで来て学生に挨拶する人もいて、なんか圧迫感を感じていました。

年功序列を意識しすぎている

わたしが働いていたところでは主任が年功序列を強く意識しているようでした。
人が辞めたことで空席になった教務室の奥の席に、勤務年数の長い人にわざわざ移動するかどうか聞いたり(上座のような扱いにしたかったのかもしれません)
クラスの今後について担任を差し置いて、サブ的に入っている人(担任より勤務年数の長い人)に一番初めに聞いたり・・・笑

年功序列を意識しているところでは、「長く働いている人がえらい」という価値観だと思うので新人は相手にされないことがあるかもしれませんね・・・。

すいか
すいか

ちなみにそのときの担任はわたしです。笑
今まで会社のため学生のため我慢しながら頑張ってきて、仕事もちゃんとしているのにその仕打ちはひどいし、優先順位のおかしさに呆れてしまったのを思い出しました。💧

新人に冷たくしてくる職場での対処法や考え方

話にいれてもらえなかったり、全然話しかけられなかったり・・・
新人に冷たい職場ではどのように働いていけばいいでしょうか?

わたしが実践してきたことをもとに、対処法や考え方をまとめてみました

仕事のことしか話さなくていいと割り切る

本当ならかるい雑談くらいはして気持ちよく働けるのが理想的だったので、最初は関係構築の努力をしたり、冷たい人間関係に心を悩ませていたと思います。
しかしそれもしばらくしてやめました。笑

自分に原因がなく、こちらから歩み寄っても心を開いてくれないのであれば、エネルギーの消費がもったいないからです。
「どうせ相手にしてもらえないのなら、仕事上のことしか話さない」そういう方針で数か月間働いていました。

すいか
すいか

たまに寂しさや、心が枯れているような状態に悲しくなりました・・・。
しかしただでさえ働くというのはエネルギー消費が大きいことなので、悩んでもしかたないことで無駄に精神をすりきらせたくなかったのです。

冷たい職場への負の感情や諦めを理由にせず、「仕事に集中するという本来の目的を着実に実行するのだ」という気持ちでいれば「自分の心も明るくいられたかな」と思っています。

真剣に仕事をしている姿勢を見せる

職場で重要なのは「ちゃんと仕事をしてくれる人なのか」というところだと思います。
人間関係がそこまで良好でなくても仕事をちゃんとしようとしていれば、仕事上での信頼は得られると思います。

新人に冷たい人も、戦力になっていっしょに働いてくれる「こちらがわ」の人間であると判断すれば、徐々にほかの人とおなじような態度で接してくると思います。

すいか
すいか

本当なら、その冷たい人も新人時代のつらさを経験しているはずだから
最初に優しくしてくれたっていいはずですよね!

冷たい人が少数ならそれ以外の人と仲良くする

親近感をもって話しかけてくれる優しい人がいるなら、その人と仲良くするようにしてみましょう。

わたしにも冷たい職場で優しくしてくれる人がいたので、その人と話すときは楽しく会話していました。
そんな様子を見ていたからか「冷たくしている自分のほうが少数派だ」と感じたからか、数か月たつと向こうから話しかけてくるようになりました・・・。

すいか
すいか

仲良くなれたとしても、こちらからしたら「あなた最初冷たかったよね!」というのはずっと覚えていますよね💧
つめたい職場だと分かったので、後から入ってきた後輩には「最初はけっこう村意識がある職場みたいで・・・」と、よく話しかけてフォローするようにしていました。

上司が冷たくて悩んでいる方はこちら

上司が冷たいととてもストレスがたまりますよね・・・。私も経験有です。💧

🔹自分だけ?嫌われてる?上司が冷たい理由と対処法 気にしない考え方 – NEKOKINI

このままずっと冷たいままなの?

わたしの場合は、数か月たったら冷たくなくなりました
むこうから雑談で話しかけられるようにもなっていました。

しかし新しく入ってきた人にはまた冷たい雰囲気をだしていたので、そういう「しかたのない職場」なのだな・・・と感じました。

新人に冷たい職場でずっと働いていく?

「新人に冷たい」といっても、その度合いは様々ですよね。
無視してきたり仕事に支障が出るようなことをしてきた場合は「冷たい」の次元を超えていると思います。
また、冷たい職場のために病んで心身の調子を崩すことは絶対に避けてほしいです。

数か月後自分には優しくなるかもしれないけど、次の新人に対する閉鎖的な雰囲気は変わらないかもしれません。
心も枯れていってしまう可能性もあるので、自分のなかでのライン(「もう我慢できない」「目標としていた経験がつめた」など)を超えたら、あまり長くしがみつくほどの職場ではないのかな・・・とも思います。

キャリアや個々人の経済的事情もあると思うので、我慢できそうだったらしばらく経験をつむのもいいと思いますが・・・。

他の職場を探すなら・・・自分に合った求人と出会うことが大事 

仕事選びは、自分に合った求人と出会うことから始まると思っています。
仕事を探すときは気になる条件で求人検索をかけて、当てはまったものに応募していきますよね。
しかし、そもそも当てはまる求人が少なければ、自分にとってベストでなくてもそこから選んでしまうことも・・・。

当てはまる求人をたくさん探すためには、いろいろな求人サイトで検索してみるのがおすすめです!
私もなかなか気になるバイトがないときは、いろいろな求人サイトを使って徹底的に求人を洗い出していました。笑

バイトを探すのにおすすめの求人サイト

アルバイトEXはバイトル、マッハバイト、工場ワークス、しゅふJOBなど20メディアを一括比較してアルバイト探しできます。

様々な求人サイトを利用して一から検索するよりも、効率よく短時間で多くの求人検索ができるのでおすすめです。

【アルバイトEX】 には2,077,701件(2023年01/06時点)の案件が掲載されているので、タウンワークフロム・エー ナビなどとあわせて使えば、興味のある求人と出会える可能性も高まりそうです。

限られた求人サイトしか使わないと情報も限られてしまって、ベストな職場に出会えない可能性もあります。
選択肢を広げて興味のある求人を一つでも多く見つけるのがおすすめです。

\ 20メディアを一括比較してバイト探しする /

正社員の仕事を探すのにおすすめの転職サイト・転職エージェント

転職サイトの「リクナビNEXTは、会員登録(無料)/リクルートIDでログインし、Web上で経歴などを登録すれば誰でも求人応募することができます。

経歴を登録しておくと、興味を持った企業からオファーが届くこともあるのでワクワクしますよね!

企業・転職エージェントに対し、レジュメを非公開にできる機能や、転職エージェントからのオファーを受け取らない設定もマイページからできるので、マイペースに仕事探ししたい人には安心です。
※非公開に設定した企業や転職エージェントは、あなたにオファーを送れなくなります。

自己分析のポイントや志望動機の書き方など、転職支援コンテンツも充実していて気軽に情報収集できます。

使わずに転職の選択肢の幅を狭めてしまうのはもったいないです。仕事探しの1つとして気軽に使ってみるのがおすすめです。

\ 転職サイトの「リクナビNEXT」を使う /

すいか
すいか

ちなみに、効率よく転職活動するには「リクルートエージェントの転職支援サービス」(転職エージェント)をあわせて使うのがおすすめです。

リクルートエージェントの転職支援サービス」では非公開求人の紹介や、キャリアアドバイザーからの転職支援サポートなど、正社員としての転職サポートが受けられます。
※転職希望者は無料で使えます。(転職エージェントは企業側から料金を受け取っているため。)

求人数   :634,427件

公開求人数 :365,610件

非公開求人数:268,817件

※2023年3月30日時点

自分にとってベストな求人を見逃したくない方にはおすすめです。

※正社員としての就業経験がない方も利用できます。しかし求人は即戦力を求めるものが多く、実務経験を重視する傾向にあるため、企業での正社員としての実務経験がない場合は紹介の可能性は低くなります。

「リクナビNEXT」とは求人案件の集め方がそれぞれ独自ルートなので、たくさん情報を集めたい人には両方使うのがいいでしょう。

結論:あまり気にしないで仕事に集中しよう!

PexelsによるPixabayからの画像

わけもなく新人に冷たくする職場というのはあるので、気にしないで仕事をすることだけ考えましょう
つらい気持ちもすごくよく分かりますが、悩んでしまって生活に支障がでるのは良くないので、自分を一番にほかの人のことはあまり気にせずいきましょうね!

ほかの悩みもチェックする

仕事で考えすぎてしまったり、気をつかいすぎてしまう人はこちらの記事も見てみてください。
「仕事で考えすぎてしまう人が抱えがちな悩みとは?」の項目で、いろいろな悩みに関しての記事もまとめています!

【生きづらさへの対処法も】ミスしてもあなたの価値は変わらない。「仕事で考えすぎてしまう人の悩み」 – NEKOKINI

仕事に限らず、「何もできない」と感じて落ち込んでしまっている方はこちら

仕事に限らず、「何もできない・・・」と感じて落ち込んでしまっている方はこちらを見てみてください!

🔹何もできない自分が情けない?「何もできない」が勘違いな理由4つ – NEKOKINI

広告